漆黒の兄弟 9話 『空閑遊真』

漆黒の兄弟 9話 【ワールドトリガー二次創作小説】 漫画

←8話   目次   10話→

スポンサーリンク

9話 『空閑遊真』

和希と望実は人通りのない路地裏で、クロヴィの3人の戦士に囲まれていた。

クロヴィの隊長であるフィロスが、和希と望実に対して声をかける。

「なぁ、あんたら2人のこと、上からは問答無用で始末しろって言われている。しかし、あんたたちほど優秀な男もそういない」

フィロスは兄弟に、真摯に語り掛ける。寝食を共にした、かつての部下に。

「だから、聞いておきたい。あんたら2人は、本国に戻るつもりがあるのか。もしあるなら、おれが上に話してやる。おれはここ2年で成果を上げて、相当の地位までのし上がった。命を保障することくらいはできるし、罰を軽くすることもできるかもしれない。どうだ?」

和希と望実は目を合わせて、当然と言わんばかりに提案を拒否した。

「お断りします。僕たちはもう国には戻りません。こちらの世界で、平和に暮らしていくんだ!」

「…そうか。なら、本気でお前たちを斬らなければならない。残念だよ」

フィロスが再び剣を構えなおし、一気に間合いを詰め、2人に対して斬りかかる。

受け太刀をする和希の動きを制限するように、サポートの達人・カトテラスの弾丸が散りばめられる。

それを見た望実が弾丸を放ち、カトテラスを牽制すると、その隙を狙ってピレティスが鋭く望実の急所に弾丸を放った。

「うっ、ぐ…!」

望実はなんとかシールドで防ぐが、ひるんだその隙にカトテラスが望実の背後に回り込む。

正面にはピレティス。背後にはカトテラス。

それぞれが銃を構えるなか、望実は1枚のシールドしか持っていない。

2方向からの銃撃を、1枚のシールドで同時に防ぐのは不可能。望実の機動力では、その場から移動しての回避も不可能。

万事休すかと思われたその時、望実の背後に1枚のシールドが展開された。

「望実!耐えるんだ!」

「兄さん!」

それは、少し離れた場所でフィロスと剣で斬り合っている、和希の遠隔シールドだった。

ピレティスとカトテラスの弾丸が望実に降り注ぐが、何発か被弾したものの、2枚のシールドで急所は守ることができた。

「くそ、和希さんか…!」

「相変わらず、息ピッタリですね…!」

勝負を決めるつもりで放った弾幕を防がれ、ピレティスは舌打ちをし、カトテラスは純粋に感心する。

攻撃の嵐が止んだそのタイミングで、和希が望実に指示を飛ばす。

「望実、囲まれたままでは不利だ。煙幕を!」

「はい!」

望実の持っている爆弾により煙幕を出し、和希と望実はクロヴィの包囲網から抜け出した。

和希と望実はもう既にかなりのダメージを負っていたが、2人の瞳にはまだ光が宿っている。

圧倒的な実力差があっても、戦い抜いて生き残って見せる。

そんな決意が、輝いていた。


敵の包囲から抜け出した和希と望実は、連携の精度で数の不利を相殺する。

しかし、相手も精鋭。互いに決定打がなく、戦闘は一時膠着状態に陥った。

「和希と望実…、敵に回すと本当に嫌な2人だね」

フィロスがぼやくと、部下であるピレティスとカトテラスも同意する。

和希と望実がクロヴィから逃げ出して、約2年が経つ。

その間本国では、任務により他国から持ち帰った情報をもとにトリガー開発が行われており、実際にフィロス達のトリガーは和希と望実の持つトリガーよりも何段階か改良されている。

また、和希や望実がトリガーを使わずに一般市民として過ごしている間も、彼らは危険な任務と戦闘訓練を行っており、2年間で大幅に戦闘技術も向上していた。

つまり、彼らは数の利があるだけではなく、トリガーの性能や地力の高さでも、圧倒的に和希と望実を上回っているのだ。

にもかかわらず、戦闘は膠着。和希と望実が予想以上に粘っている。

その理由は2つある。

1つは、和希と望実の連携の精度にある。

2人は血のつながった兄弟であり、生まれてから10年以上、2人だけで寄り添って暮らしてきた。そのため、言葉がなくとも相手の求めていることが分かり、互いの弱点を完全にフォローすることができるため、隙が無い。

フィロス達の部隊も連携の訓練は行っているが、兄弟という距離の近さには敵わない。

2つ目は、和希と望実の持つ特異な能力だ。

和希は類稀なる観察眼と思考力で、望実はそのサイドエフェクト『エンパス』で、その場にいる全員の考えや動きを先読みしながら戦っている。

彼らには、相手が心の内で何を考えているかということや、次どのように動くかということ、また、彼らが立ててきた作戦まで、全てがお見通しということなのだろう。

そのため、普通であれば決まっていたであろう攻撃も回避でき、普通の相手ならば気づかないような僅かな隙や連携の乱れも、兄弟は容易に突くことができる。

だからこそ、数も地力も完全に上回っているはずのフィロス達の部隊が、2人を圧倒することができないでいるのだ。

「くそ、想定より時間がかかっている。望実がさっき使った爆弾で、大きな音も立ててしまった。これ以上時間をかければ、ボーダーや民間人に見つかるぞ」

「どうしますか、隊長?」

「隊長、これは切り札を使うしかないのでは…?」

「…そうだな」

和希はその優れた観察眼で、いちはやくその変化に気づく。

フィロスの持つ剣の色が変わり、揺らめいているように見える。

望実も変化に気づき、たじろぐ。

「なに、あれは…?」

「望実、様子が変わった。フィロスさんに近づくな」

フィロスは色の変わった剣を持ち、和希に斬りかかる。

和希は後退しながら剣で受け止め、望実は弾丸で和希をフォローする。

その瞬間、剣が伸びて和希の背後から急所を狙った。

「なっ!」

和希はとっさに身をよじるが、剣はまるで意思を持っているかのように、和希のトリオン供給器官を狙って変形し、ついにそこに突き刺さる。

「2年前と変わらず、腕は立つ。だが…」

和希のトリオン体にヒビが入り、換装が解けてしまう。

「黒トリガーには勝てはしない」

(黒トリガー…!?そんな、なんでフィロスさんが…!?)

換装が解けた和希はその場から逃げようとするが、フィロスは躊躇なく、和希の肩口に剣を突き刺した。

「がっ!ああ!」

右肩と腕に深い傷を負った和希は、激痛でその場に膝をつく。

「兄さん!」

「動くな、望実!和希を斬られたくなければ、換装を解きな」

和希に駆け寄ろうとしていた望実は、和希の首に剣を当てながら発せられたその言葉に、一瞬硬直してしまった。

「っ。望実、お前だけでも逃げるんだ!」

和希が声を上げるも、一瞬の隙を逃さずに、ピレティスとカトテラスが望実の急所を撃ち抜く。

望実の換装も解け、動けずに立ち尽くす望実のこめかみを、ピレティスが思い切り蹴り飛ばす。

「望実!」

脳が揺れて体の自由が利かなくなった望実は、そのまま横になって倒れた。

「さあ、これでチェックメイトだ」

和希と望実が、自らの死を覚悟した、その時。

『射』印 ボルト四重クアドラ

聞き覚えのある声が響き、フィロスとピレティスに大量の弾丸が撃ち込まれる。

弾丸を回避すべく、和希と望実の元から離れた隙に、突如現れた白い少年が和希と望実を守るように立つ。

「よう、和希、望実。4年ぶりだね」

「お前、遊真…!?」

現れたのは、和希と望実のかつての友人。

真っ黒な戦闘服に身を包む空閑遊真と、その相棒であるレプリカだった。

「レプリカ。2人を頼む」

「了解した」

和希は傷口を抑えながらよろよろと立ち上がり、倒れたままの望実を守るように抱き起こす。

「遊真、レプリカ!そいつらのうち1人は黒トリガーだ。お前たちでも勝ち目は薄いと考えてくれ!」

「ふむふむ。確かに強そうだな。じゃあ、おれはどうすればいい?」

遊真は和希に尋ねる。

遊真も知っている。和希の卓越した作戦立案能力を。

たとえ実力に差があろうと、和希の作戦通りに行えば、負けることはない。

全幅の信頼を寄せられた和希は、自信を持って答える。

「ほんの少し、あと少しだけ、時間を稼ぐだけでいい。そろそろ、来るはずだ」

その時、緑色に光る斬撃が地面を伝わり、フィロスの腕を斬り飛ばした。

「!?」

さらに次々と襲い来る斬撃に、彼らがその方向を見遣ると、そこには2人のボーダー隊員が立っていた。

そこにいたのは、迅悠一と、木崎レイジ。

「悪いね、2人とも。助けに来るのが遅くなった」

迅が風刃でフィロスら3人に斬りかかり、レイジは突撃銃で大量の弾丸を彼らに向けて放つ。

その密度の高い連携を、彼らは後退して回避する。

「ボーダーか…、長く時間をかけすぎたな。撤退するぞ」

クロヴィの偵察部隊の、フィロス、ピレティス、カトテラスは、闇に溶けて走り去っていく。

「去っていく…が、追わなくていいんだな、迅」

「うん。2人の手当が先だ。玉狛の医務室に連れて行こう」

そう言うと迅は和希と望実を見て、顔を歪める。

「遅くなって、本当にごめんね」

脳を揺らされて、未だ動くことができない望実を守るように、血まみれになった和希が抱きしめていた。

そして、その傍らにいる遊真に目を移す。

「お前も、向こうの世界から来たのか?」

「そうだよ。おれはこの2人の友達。空閑遊真だ」

迅は遊真の未来を視て、敵ではないと判断した。

「この2人を守ってくれたんだな。ありがとう。さて、君もボーダー玉狛支部に来なよ。はやく2人の治療をしよう」

迅は望実を、レイジは和希を背負って、遊真と共に玉狛支部へ向かう。

深い夜のなか、街灯だけが彼らを照らしていた。


←8話  目次  10話→

コメント

タイトルとURLをコピーしました