漆黒の兄弟 8話 『織本望実②』

漆黒の兄弟 8話 【ワールドトリガー二次創作小説】 漫画

←7話  目次  9話→

スポンサーリンク

8話 『織本望実②』

夕方になり、夕焼けが美しく輝き始めた頃。

和希と望実は、玉狛支部から帰宅しようとしていた。

「じゃあ、また遊びに来なよ。ウチはいつでも歓迎だから」

「はい。こんなに良くしてもらったのに、入隊は断ってしまってすみません」

明るく声をかける迅に、和希が悲し気に謝罪をする。

すると、木崎が和希の肩をポンと叩いて言った。

「気にするな。事情が事情だ。何かあったらすぐに連絡しろよ」

「はい。今回は本当に、ありがとうございました!」

「ありがとうございました!」

和希と望実は、改めて深々と頭を下げる。

「望実、また学校で」

「あぁ、また明日!」

クラスメイトであり、元々仲の良かった望実と烏丸が挨拶したのを最後に、2人の兄弟は玉狛支部を去り、帰路についた。

2人はしばらく無言で歩いていたが、望実が笑顔で和希に話しかけた。

「兄さん、素敵なところでしたね。玉狛支部」

「そうだね。近界民は全て敵だと認識している人が多いなか、ボーダーの中にあのような派閥があるとは思わなかった」

「はい。玉狛の人たちは、近界民だという偏見もなく、とても温かくて、すごく居心地がよかったです」

「そうだね」

冬の昼は短い。

太陽がだんだんと落ちていき、しだいに道は暗くなっていく。

「…望実、せっかく気に入る場所が見つかったのに、僕の判断でそこに居られなくしてしまって、本当にごめんね」

「そんな!兄さんにはお考えがあるのでしょう?僕のことを想って言ってくれたのに、謝ることありません!」

声を荒くして反論する望実に、和希は悲しく笑った。

「それでも、だよ。お前は何も悪くないのに、学校でも正体を隠させて、危険なこともさせて。窮屈な生活をさせてしまって、本当にごめ…」

「兄さん!」

望実は足を速めて和希の前に回り込み、正面から手を握りしめる。

そして、兄の目をじっと見て、救いの言葉を投げかける。

「僕にとって、祖国クロヴィでの暮らしは、牢獄も同然でした。そんななか、兄さんがいてくれたから頑張って生きてこられた。そして、兄さんが僕と一緒に国から逃げて、ずっと求めていた平和な暮らしを僕にくださった!確かに負担も多いけれど、兄さんが背負うものに比べたら何てことありません!」

望実は手を握ったまま、心から微笑んだ。

「だから、申し訳ないなんて思わないでください。僕は兄さんに救われたんです」

和希はその言葉を聞いて思う。

望実は僕に救われたと言ってくれたけれど、本当は、僕が君に救われていたんだ。

望実はそのサイドエフェクト『エンパス』の影響か、その時々にこちらの気持ちを察して、本当に欲しい言葉をくれる。

今回のこの言葉も、暗い考えに沈みそうになっていた和希を、見事に救い上げた。

それに、死んでも守りたい大切な人がいるというだけで、困難なことであってもやり遂げる力を得ることができる。

メンタルコントロールは、戦場で最も重要なことの1つだ。

君がいてくれるから、僕は強くあれる。

だから僕は、望実に感謝してもしきれないくらい、救われているんだ。

どれほどのことをすれば、大切な弟のしてくれたことに、報いることができるだろう。

望実。君のことは、何があろうと僕が絶対に守るから。

それこそが、僕が生きる意味だから。

そう覚悟を決めて、和希は望実の手をぐっと握り返した。

「望実、ありがとう。さて、これからも僕らが平和に生きていくために、僕のプランを聞いてほしい」

「はい、兄さん。どんな時も信じて、付いていきます」

2人は手をつないだまま、しばらく立ち止まっていた足をまた動かし、帰路につく。

夕方の帰り道。暗く沈んでいく美しい太陽が、2人をほのかに照らしていた。


その3日後の夜。

和希と望実は、再び現れたクロヴィの隠密トリオン兵『キャット』を退治すべく、人通りのない路地に来ていた。

和希は、玉狛支部を通じて、ボーダーに『ラッド』の情報は伝えたが、『キャット』の存在は全く明かさなかった。

全ては、この後の交渉をうまく進めるためなのだが、そのせいで望実を危険にさらすことは申し訳ないと感じていた。

「今回の『キャット』の反応は、そこの路地裏に3体だ。いつも通り、素早く終わらせよう」

「はい!」

2人が角を曲がり路地裏に行くと、建物の陰に隠れて、『キャット』が3体徘徊していた。

そのことを確認した和希と望実は、トリガーを起動して一瞬で『キャット』を行動不能にし、再び換装を解いた。

持参したゴミ袋に『キャット』の残骸を入れ、離脱する準備をした兄弟は、小走りで現場を離れようとしていた。

「よし、それじゃあ、家に帰ろう」

「はい、兄さー」

和希の言葉に振り向いた望実がその時見たのは、和希の背後に音もなく何者かが忍び寄り、今にも斬りかかろうとしている姿だった。

「--っ!!」

それに気付いた和希が振り返るよりも一瞬速く、その人物は剣を振るった。

「ぐっ!」

「兄さん!!」

和希はとっさに身を引いたが、右腕に大きな切傷を負ってしまう。

剣を振るったのは、かつての仲間。

黒の戦闘服で闇に紛れ、卓越した剣の技術で全てを切り裂く。

和希と望実の直属の上司であった、クロヴィの玄界遠征隊長。

その名は、フィロス。

間髪入れずに再び斬りかかってくるフィロスに、和希と望実もトリガーを握る。

「トリガー起動!」

和希が剣を抜き、フィロスの剣を受ける。

「やぁ、久しぶり。和希」

「フィロス隊長…!!」

望実もフィロスに銃を向け、援護射撃をしようとするが、望実の背後にいる人影に気づいた和希が声を上げる。

「望実、そっちにも来てる。2人!」

クロヴィの遠征隊員のうち2人が、望実の背後に忍び寄り、銃を向ける。

兄の言葉でそれに気づいた望実も振り返りシールドを張るが、一瞬遅く何発か被弾してしまう。

トリオンが漏れ出す傷口を抑えながら、油断なく相手を見据えると、それは望実の見知った顔だった。

「お前たちは…!」

「久しぶり。望実くん。上の命令により、裏切り者のあなたたちを抹殺しに来ました」

正確無比な射撃で、狙った獲物は逃さない。

銃の達人、ピレティス。

「和希さんも望実くんも、本当に生きていたんですね。でも、またすぐにお別れなんて、悲しく思います…」

銃を用いた牽制で相手を追い込み、仲間をサポートすることについて比類ない才能を持つ。

サポート型銃手、カトテラス。

彼らは、クロヴィの精鋭部隊。玄界偵察部隊。

「祖国クロヴィを裏切ったお前たちを処分しにきた。見知った仲間を斬るのは心苦しいが、上の命令だ。お前たちを抹殺する」

闇に紛れた暗殺計画が、今まさに実行されようとしている。

これは、和希と望実が特に恐れていた状況のうちの1つ。

兄弟が生き延びるための戦いが、今始まる。


←7話  目次  9話→

コメント

タイトルとURLをコピーしました