漆黒の兄弟 32話 『大規模侵攻』

漆黒の兄弟32話 ワールドトリガー二次創作小説 漫画

←31話  目次  33話→

スポンサーリンク

32話 『大規模侵攻』

1月20日、13時頃。

その日、三門市の歴史に残る、記録的に大規模な侵攻が行われるとは、一般市民は全く想像していなかっただろう。

和希が教室で、クラスメイトである王子と話しながら弁当を食べていると、ボーダー本部あたりの空が真っ黒になり、無数のゲートが開き始めた。

「これは…」

「きたね、敵が」

緊急招集がかかった携帯を見ながら、王子は素早く席を立つ。

「和希。僕たちは侵攻を食い止めに行ってくるから、生徒や市民を避難させてくれ」

「うん、わかった。王子、気をつけてね」

「そっちこそ」

王子や北添が慌てて教室を出ていくのを見送りながら、和希は胸に手を当てる。

その心中は、遂にこの日が来てしまった悲観か、充分な作戦を立てた自信か。

絶対にこの日を生き延びると決意を固める。

不穏な空気を感じてパニックに陥るクラスメイトをかき分け、和希は先生に進言する。

「先生。近界民からの大規模な攻撃です。生徒を急いで避難させるよう、王子から言われました」

「えぇ、わかったわ…」

「あと、僕は2学年下の弟と一緒に避難するつもりなので、避難誘導の時に僕がいなくても、ご心配にはおよびませんので。よろしくお願いします」

望実にも、同じことを先生に伝えるように言ってある。

これで、大規模侵攻中に僕たちがいなくなっても、探されたり、迷惑をかけたりすることはない。

つまり、僕たちは大規模侵攻の最中に、誰にも行動を管理されることなく、自由に動くことができるようになった。

ひっそりと校舎の外に出ると、すぐに望実と合流する。

「兄さん!」

「望実!」

さて、大規模侵攻が始まった今、僕たちは一般市民と共に、警戒区域から離れるべきか。それとも、ボーダー隊員と共に、警戒区域内で戦うべきか。

「さあ、事前に打ち合わせた通り、僕たちも警戒区域で戦おう」

「はい!」

答えは、戦う一択。

今回、僕たちの真の敵は、大規模侵攻を仕掛けてくる国ではない。

僕たちを標的とし、捕らえて再び服従させることを目的とする、クロヴィという国家だ。

大規模侵攻中は、ボーダーの持つ戦力の全てを防衛に割く必要があるため、僕たちの保護が手薄になるうえに、市民に何を目撃されたとしても、侵攻国の仕業に見せることができる好条件が揃う。

そのため、この大規模侵攻中に、クロヴィが僕たちに何かを仕掛けてくることは間違いがない。

そんな中、市民と共に警戒区域外に逃げることは、ボーダーの戦力から遠ざかるということ、すなわち、襲撃されても助けを求められないということを意味する。

だから僕たちは、警戒区域の方向を目指すしかないのだ。

「ただし、ボーダーには僕たちのことを認知していない人も多い。必要な時以外は、ボーダー隊員と接触しないようにしよう」

「わかってます。レーダーを常に確認しておきます」

そして、起動するトリガーは、C級に支給される訓練用のトリガーではない。

「トリガー起動!」

真っ黒な戦闘服を纏い、深くフードを被って警戒区域へ駆ける。

(そういう打算だけじゃない。この街が好きだから、守りたいんだ!)

僕たちは、この街が好きだ。この街の人々が、本当に好きだ。

守るために、僕たちにできることがあるのなら、全力を尽くそう。

そして何より、大切な弟の笑顔を守るために。

「この大規模侵攻、絶対に生き残ろうね、望実!」

「はい、兄さん!」


警戒区域を駆けながら、バムスターなどのトリオン兵を少しずつ始末していく。

「無理はせずに、僕たちにできることをやっていこう。バムスターやバンダーのような、弱いトリオン兵だけを相手すればいい」

「はい。ちなみに、そこにモールモッドがいますが、あれはどうしましょうか」

「ここなら生身の市民はいないから、放っておいても問題ない。モールモッドも相手をしない方向でいこうか」

「はい!」

僕たちは、この後クロヴィの精鋭から、襲撃されるだろう。

その時に、万全の状態で迎え撃たなければならない。

2人とも、モールモッドに負けるほど弱くないが、万が一にも傷を負うリスクは避けたいし、トリオンの消費も抑えたいところ。

(弱いトリオン兵だけじゃ物足りないかもしれないけど、がまんしてね、望実)

和希は正直、戦闘自体あまり好きではないし、逃げられるのなら逃げたいと考えるタイプだが、望実はむしろ強い相手との戦闘を楽しむ傾向がある。

そんな望実には、今の状況は少しストレスを感じるのかもしれないな、と和希は考える。

そんな申し訳ない気持ちが伝わったのか、望実が振り向いて、「僕は大丈夫ですよ」とふわりと笑った。

それにしても、と自分たちの今の状況を改めて概観する。

現在位置は、かなり警戒区域の奥側まで来ている。

それはひとえに、余計なトラブルを避けるために、ボーダー隊員や市民との接触を避けながら前進した結果だろう。

ボーダー隊員は、基本的にトリオン兵の進軍先にて迎え撃つため、警戒区域の中でも市街地寄りに位置取っているためだ。

暫し手を止めて、レーダーとマップを照らし合わせていると、望実が慌てたように声を上げる。

「兄さん!もうすぐここにボーダー隊員が来ます!一度逃げたほうが…」

「いや、問題ない。僕たちの事情を、よく知っている人たちだから」

そう言い終わるやいなや、彼らはそこに降り立つ。

「風間さん。合流できて嬉しいです」

そこに降り立ったのは、風間、歌川、菊地原であった。

「なんで僕たちが、玉狛の近界民の面倒みなきゃいけないのさ」

「菊地原。またそんな言い方して…」

「文句を言うな。それに、その2人は荷物ではない。強いぞ」

ぶうぶうと不満を言う菊地原を歌川がたしなめ、風間が一言で隊を統率する。

それが、A級3位・風間隊のチームスタイル。

そう関心していると、望実が不思議そうな顔をしているのが目に入る。

「望実には話していなかったね。僕は風間さんと、大規模侵攻で一緒に行動してほしいと、前もってお願いしておいたんだ」

「ええっ!」

「迅さんの予知によると、僕らと風間隊のみなさんが共に行動するのは、どちらにとってもメリットがあるらしいんだ。僕らにとってのメリットは、もう言うまでもないだろう?」

和希と望実にとってのメリットは、単純に戦力的な問題だ。

2人は弱くはないが、強いわけでもない。ボーダーの基準に当てはめれば、望実はB級上位、和希はB級中位程度の戦闘力しか持たないだろう。単純な戦闘力に限ればの話ではあるが。

そのため、2人だけで行動してしまうと、強力な敵が現れた際に処理できない可能性がある。

また、和希と望実はボーダーに入隊したばかりで、顔も戦闘スタイルもほとんど知られていない。

近界民らしい戦い方により、敵性近界民だと誤認される可能性もあるため、風間隊と共に行動することで身元の保証にもなり、一石二鳥なのである。

(迅さんはきっと、ここまで視て、あの時僕たちを風間さんと会わせたんだ。さすがだな)

これで、モールモッドなどの手強いトリオン兵を風間隊に任せ、僕たちで無理なく対処できるバムスターやバドなどだけに集中することができる。

「僕たちにとってありがたいのは明らかなんですけど、僕たちは風間さんたちに、何を返せるのでしょうか?」

望実が不思議そうに尋ねる。その間もトリオン兵を倒す手は休めることはない。

しかしその時、倒したはずのバムスターから、新たなトリオン兵が出現したのだった。

「へぇ、これかな。僕たちが役に立つ理由ってやつ」

それは、トリガー使い捕獲用のトリオン兵『ラービット』であった。


←31話  目次  33話→

コメント

タイトルとURLをコピーしました