漆黒の兄弟 3話 『風間隊』

漆黒の兄弟3話【ワールドトリガー二次創作小説】 漫画

←2話  目次  4話→

スポンサーリンク

3話

イレギュラー門から現れたトリオン兵を討伐していた兄弟を捕捉したのはボーダーの精鋭、A級3位部隊『風間隊』の3人であった。

「まずはこいつらを倒す。素性や目的はその後だ」

「歌川、了解」「菊地原、了解」

風間、歌川、菊地原は、風間の合図でスコーピオンを構え、油断なく和希と望実の出方を観察する。

一方和希は、一瞬のうちに思考を巡らせ、この状況を打破する方法を導き出していた。

対峙しているのは、界境防衛機関『ボーダー』の精鋭部隊。

和希の想定以上の機動力。直前までその存在に気づくことができないほどの隠密能力。モールモッドを一瞬で倒したその手腕。

そして、肌で感じるこの強者の風格。

こいつらは、只者ではない。相当に手強い相手だ。

「望実、まずは交渉する余地があるかどうかを見定める。お前のサイドエフェクトが頼りだ」

「はい、兄さん!」

望実のサイドエフェクトは、『エンパス』。

高度な共感能力を持ち、相手の感情を正確に読み取ることができる。

ボーダーによるランク付けならばSランク『超感覚』に該当する、稀有なサイドエフェクト。

強力な力ゆえに苦労も多いが、交渉するうえでこれ以上の武器はない。

和希は望実に目配せをし、望実が頷いたのを確認して口を開く。

「僕たちはあなた方と争う気はありません」

そして望実は、リーダーであろう風間に目を合わせて集中する。

相手の呼吸に合わせ、自身の気持ちと同化させる。

「それならば大人しく換装を解け。投降するならば危害は加えない」

「……!!」

望実が感じ取ったのは、明確な敵意。そして、逃がさないという確固たる意志。

自分たちへ向けられる冷たい感情に、顔を青くした望実は一歩後ずさる。

その様子を確認した和希は、交渉の余地など無いと悟った。

もしここで換装を解けば、その後尋問があるだろう。近界民で、かつ玄界の偵察任務の人員であったことが知られれば、拘束され最悪の場合は…。

よって、換装を解くことはできない。交渉も困難。

そう判断した和希は無言で剣を構え、戦闘態勢に入る。

それを見た望実も銃を構え、風間隊の3人も雰囲気の変化を感じ取り、スコーピオンを構えなおす。

「やるぞ。歌川、菊地原」

「了解!」


兄弟と風間隊の戦いを、陰から観察している者がいた。

その名は、迅悠一。未来視能力を持つ、玉狛支部の隊員だ。

「風間さんの未来を視てここに来たけど…、これは予想外だったなぁ。何者だ?あの2人…」

戦況を見ると、風間隊が優勢のように思われた。

風間と菊地原の2人が連携して和希を斬りつける。望実がそれをフォローしようとするところを歌川が阻み、兄弟は引き離されてうまく連携が取れていない様子だ。

「2人を組ませるな。こいつらは連携の精度が高い。引き離して、1人ずつ仕留めるんだ」

そう指示を出す風間の刃を和希は剣で受け止め、距離を取ろうとする。

しかし風間はその機動力により和希に間合いを取らせない。

「甘いよ。背中が留守だ」

「くっ…!」

なんとか風間の攻撃を凌いでいた和希だが、背後に回り込まれた菊地原に背中を斬られる。

風間と菊地原の包囲から何とか抜け出すことに成功するが、負った傷から少なくないトリオンが漏れ出ていた。

一方望実は、歌川の連撃をギリギリでかわしながら、右手で持つ1丁の拳銃とシールドで応戦していた。

「望実!」

和希は、かねてから頭の中で描いていたプランを実行すべく、望実に一言指示を出す。

「望実、撤退する。何としても、逃げ切るぞ」

和希は望実とアイコンタクトを取り、安心させるように自信を持って微笑んだ。

自分の考えたプランがそれで伝わると、そのプランが実行可能だと、100%信じて。

その戦いを陰から観察していた迅悠一は、その瞬間未来が確定したことを感じていた。

「なるほどね。これだけ力の差があるのに、逃げ切れるんだ。相当な策士だな、彼」

未来を視て戦いの結末を知った迅は、自分がこの先どのように立ち回るかを考えていた。

「さて、あの2人はボーダーに敵対する気はないようだし、どうするかな…」


「どんどん退がりますね、こいつら」

「囲まれないためには当然の選択だろう。だが、この先には人通りの多い商店街がある。市民を危険にさらさないためにも、ここで確実に仕留める必要がある」

これ以上退がらせないという強い意志を持って、菊地原が和希に斬りかかる。

その瞬間、これまでは右手の銃1丁で戦っていた望実の、左手にも新しい拳銃が出現した。

そして望実は2丁の銃を最大火力で連射し、風間隊の3人の足を止める。

「これほどの火力と速射技術…!だが、弓場に比べたら大したことはない!これをしのいだらすぐに追うぞ!」

望実の弾丸により風間隊の足を一瞬止めたことを確認した兄弟は、その隙に角を曲がって、狭い路地に入っていく。

「逃がすか!」

それを見て、風間、歌川、菊地原もすぐに追いかける。

風間が角を曲がると、狭い路地中で2人の兄弟は、待ち構えているかのようにこちらを向いて、何かを構えていた。

「望実、今だ!」

「はい!」

和希の合図で望実は爆弾を投げ、両者の間に爆発が起こり、その煙幕で風間隊は一瞬兄弟の姿を見失う。

だが、視界を奪い奇襲する戦法は風間隊の十八番だ。3人は奇襲を警戒して、耳を澄ませる。

そう、煙幕に紛れた奇襲を、警戒させられてしまっていた。

兄弟の真の狙いに気づいた風間が声を上げる。

「違う、これは奇襲じゃない!奴らの真の目的は…!」

そして、レーダーを確認していた歌川が、驚愕の表情で報告する。

「風間さん、レーダーから、黒い2人のトリオン反応が消えました!」

「あいつらもバッグワームのような機能があるってことですかね…?」

「いや、違う。煙幕からの奇襲はない。すぐに追うぞ!」

その後風間隊の3人が兄弟が消えたであろう方角に走ると、その先は商店街であり、多くの人が歩いていた。

また、和希と望実も換装を解いて、商店街の人混みに紛れて何食わぬ顔で歩いていた。

2人は戦闘中、黒いフードを深く被り、一度たりとも素顔を見せなかった。

この大勢の人々から、2人を割り出すのは不可能。

「これは、やられたな…」

風間は逃げられたことを悟り、ため息をついた。


「危ないところだった…」

商店街の人混みに紛れて姿を消した兄弟は、戦闘をしていた場所から十分な距離を取り、ようやく緊張を解いた。

「間一髪しのぎましたね。でも、本当に強かった。次また見つかってしまったら、今度は逃げ切れるかどうか…」

「そうだね。今回はイレギュラー門のことがあってやむなしだったけれど、これからはトリガーの使用をこれまで以上に控えよう」

「はい。僕たちの素性が、ボーダーに知られていなければいいのですが…」

不安そうな表情をした望実を見て、和希はおだやかに微笑みかけた。

「不安に思っても仕方ないさ。手立ては僕が考える。それよりも、今夜は贅沢に鍋を囲もう。実はとても楽しみにしていたんだ」

和希の言葉に、望実も笑う。

「はい、兄さん。僕も楽しみです」

時刻はもう夕方。薄暗い道を兄弟が寄り添って歩く。

それはつかの間の平和。2人が求めてやまないものが、まさにそこにあった。


←2話  目次  4話→

コメント

タイトルとURLをコピーしました