漆黒の兄弟16話 『雨取千佳』

漆黒の兄弟16話 ワールドトリガー二次創作小説 漫画

←15話  目次  17話→


スポンサーリンク

16話『雨取千佳』

12月の、ある晴れた日。

遊真と望実は河川敷で、自転車の練習をしていた。

「うぉっ!?」

「ゆ、遊真、大丈夫!?怪我してない?」

「ヘーキヘーキ!おれはトリオン体だからね」

遊真が買ってきた自転車をよたよたとこぐが、望実も練習をうまくサポートできずに何度も倒れてしまう。

「こっちの人たちは、みんな自転車乗れるんだよね。すごいなぁ」

「二ホンでは何か特別な訓練を受けているのか?」

「さぁ…?僕と兄さんは2年こちらにいるけど、そんな訓練は聞いたことないなぁ」

半ば諦めてしまった遊真は、練習を止めて望実との雑談に興じる。

「そういえば、和希さん退院したんだよな。おめでとう」

「うん。兄さん、足と右肩の怪我がまだなおらないから、最近はずっとトリオン体で過ごしてるけどね」

「和希さんは今日来るのか?」

「うん。ちょっとやることがあるらしくて、僕が先に来ただけ。もうすぐ来ると思うけど、メールしてみるね」

「なるほど。じゃあ和希さんが来る前に、乗れるようになって驚かせてやろうぜ」

「クスッ。それいいね!」

望実は兄にメールを打つために携帯を取り出し、遊真は再び自転車に乗り始める。

そして、遊真が一際大きい音で自転車ごと転んだ時。

「だ、大丈夫!?」

1人の少女が、彼に声をかけた。

「大丈夫大丈夫。ヘーキヘーキ。ところでキミ、自転車乗れる?」

「え?う、うん…」

「やるね」

「そ、そうかな…」

少女が遊真を助け起こしていると、少し離れた場所で携帯を触っていた望実が駆け寄ってくる。

「遊真、大丈夫?その子は?」

「おれはへーきだよ。そういえば、オマエの名前を聞いてなかったな。おれは空閑遊真」

「僕は織本望実。遊真を助けてくれてありがとう」

「いえ…。私は雨取千佳。よろしくね」

そして遊真は、千佳にサポートしてもらいつつ、自転車の練習をすることとなった。

「おおっ!すごいすごい!前に進んでる!」

「倒れない!なんで!?」

「あはは」

千佳が自転車の後ろを支えると、遊真の自転車は倒れずに前へと進んでいく。

千佳からすれば何でもない光景だが、遊真と望実にとってはなかなかの不思議体験であった。

うっかり千佳が自転車から手を離してしまい、遊真が自転車ごと川に落ちてしまったのも、ご愛敬である。

しかし、それもつかの間。

ウーーーー

警戒区域で警報音が鳴り、3人が反射的にそちらを向く。

「ごめん!私もう行くね!」

少女がそちらに向かって走り去ったのを、怪訝そうに遊真が見つめる。

「おいおい、そっちは警戒区域だぞ?望実、あいつは何を考えてたんだ?」

望実は、サイドエフェクト『エンパス』により、千佳の心情を読んでいた。

「遊真、あの子の感情…、まずいかも…」

望実が少女を追って走り出したのを見て、遊真もそれを追いかける。

河川敷には、1つの自転車だけが残されていた。

そして、数分後その場所に現れた影が2つ。

「望実のメールには、このあたりって書いてあるんだけどな…」

和希は、そこにポツリと残された自転車を見て思案する。

(遊真もいるんだ。何者かに攻撃を受けて、連れ去られたなんてことはそうそう起こらないと思うけど…)

自分か望実が待ち合わせ場所を間違えたか。それとも、もう1つの可能性。

そして目の前には、今の状況を把握する手がかりになりそうな人物が、1人。

「あいつ…、どこにいるんだ?」

同じく、ここで誰かと待ち合わせをしていたらしいメガネの少年が、誰かに電話をかけようとしているのが見える。

「ねぇ君、もしかして、三雲修くんかな?」

「え…!?そうですが…」

「やっぱり。遊真から少し話を聞いていてね」

空閑の知り合い…?と冷や汗をかく少年に、やっぱりそうかと和希はひとり納得する。

自分や望実が場所を間違えたわけではない。何らかの理由があって、遊真と望実はもう1人と共に、この場を離れたのだ。

しかし、一体何の理由があって…?

和希が考えを深くしようとしたタイミングで、和希の携帯にメールが来る。

そして和希はふっと笑うと、携帯の画面を修に見せた。

「三雲くん、遊真は僕の弟と一緒に、ここにいるみたいだ。よかったら、一緒に行こう」


遊真と望実が千佳を追いかけると、彼女は警戒区域に入ろうとしていた。

「警戒区域に入っていくぞ。もしかしてボーダー隊員か?」

不思議に思って遊真が声をかけるが、望実は首を横に振る。

「彼女、ボーダー隊員じゃない!何かの事情があって、トリオン兵に襲われると分かって、そこに向かっているんだ!」

その感情を読み危険だと判断した望実は、千佳を追って警戒区域に入っていき、遊真もまたそれを追う。

そして、千佳を発見すると、彼女はトリオン兵『バンダー』のすぐ近くで、建物の陰に身を隠していた。

望実はもう一度彼女の感情を読み取ろうとするが、そこには一切何もなかった。

まるで、からっぽの心。

(心が読めない…?でも、このままじゃ危ない!)

「雨取さん!」

「えっ…、望実くん!?」

駆け寄ってくる望実と遊真の姿に、千佳は唐突に我に返る。

「どうして、ここに…!」

からっぽだった千佳の心に、今起こっていることが信じられないという衝撃と、他人を巻き込んでしまったという恐怖が渦巻く。

そして当然、サイドエフェクト『エンパス』を使って、ずっと千佳の心情を読み取っていた望実にも、その衝撃と恐怖が伝播する。

そして、ここはトリオン兵『バンダー』のすぐ近く。

気配を消すことが中断されてしまった千佳と、トリオン強者の望実が、『バンダー』の標的にならないはずがなかった。

「おい望実、チカ!『バンダー』がこっちに気づいた。はやく逃げるぞ!」

遊真の声に反応しそちらを向くと、自分たちに狙いを定めた『バンダー』の姿が目に入る。

その姿を確認した千佳はいっそう強い恐怖で心が埋め尽くされ、顔が青ざめた。

そして、本来ならばたった1体のトリオン兵に恐怖することなどない望実も、千佳の恐怖が伝染し、震えた体はその場から一歩も動くことができなくなってしまった。

そんな2人の状況を確認した遊真は、レプリカに声をかける。

「なぁレプリカ。トリガー使っていいか?」

『それを決めるのは私ではない。遊真自身だ』

レプリカの許可を得たと判断した遊真はトリオン体に換装し、『バンダー』の砲撃を『盾』印で受けた後、『強』印で強化した拳で『バンダー』を撃破した。

そして、その後すぐに和希と修がその場に駆け付ける。

「望実!遊真!!」

「千佳!無事か!?」

これが、三雲修、雨取千佳と、漆黒の兄弟との出会い。

こうして、運命の歯車は廻り始める。


←15話  目次  17話→

コメント

タイトルとURLをコピーしました