漆黒の兄弟 14話 『織本和希④』

漆黒の兄弟14話 ワールドトリガー二次創作小説 漫画

←13話  目次  15話→

スポンサーリンク

14話 『織本和希④』

その日、クロヴィの部隊に正体を知られてしまったことを、迅から告げられた時ー、

和希は、これから起こる全ての事象を計算し始めていた。

和希は生まれながらに知能が高く、知識が豊富で処理能力も高く、発想力や柔軟性も兼ね備えている。

だからこそ、怪しまれることなくクロヴィから逃げ出すこともできたし、比類ない先読み能力により、その後に生活基盤を整えることについても困ることはなかった。

また、風間隊という格上の相手をも欺き、見事逃げることに成功した。

未来予知の副作用を持つ迅の存在が想定外であったために、結果的にボーダーに正体を知られてしまうことになったのだが。

閑話休題。

和希はその事実を知ってから、脳をフル回転し、結末までの流れを予見していた。

「わかりました。僕にプランがあります」

自信を持って発せられたその言葉に、迅と林藤は大いに驚いた。

「この少しの間に、クロヴィの奴らを一掃する作戦を思いついたってのか?それはすごい。話してみてくれるか?」

「えぇ。あなたたち玉狛支部が僕達の味方でいてくれるのなら、確実に彼らを全員捕らえることができます」

逆に、あなたたちほどの強力な味方がいて。僕はクロヴィの戦術傾向や技術を知っているのに。

一掃できる作戦を思いつくことができないのなら、僕は作戦参謀失格ですよ。

心の中でそう呟きながら、和希は話を前に進める。

「ただその前に、いくつか確認したいことがあります。ボーダーの規則と、トリガーについてです」

林藤は和希の求めに応じて、ボーダーの規則とトリガーの性能について説明していく。

和希は得心したように軽く頷く。

「素晴らしい性能のトリガーです。ちなみに、ボーダーのトリガーで、目印を付けることでステルスを無効化したり、発信機のような働きをするものはありますか?」

「それならあるが…、それがどうしたんだ」

そして全ての条件が整い、和希は不敵な笑みを浮かべて話し始める。

「それでは、これから僕のプランを説明します」

この時から、彼には見えていた。

今回の戦いの、結末が。


「まず、今回の作戦において最も重要なことは、何人いるかもわからないクロヴィの偵察部隊を全員把握し、その全員を同時制圧することです」

「そうだな。だが、何人いるかもわからない、しかも隠密に優れたやつら、全員あぶりだすだけでも大仕事だ。遠征艇の中にこもって、戦闘員のサポートをするやつらもいるだろう」

「はい。そうするには、彼らの拠点を見つけ出し、そこに全員そろったところを叩くのが一番です」

クロヴィの偵察部隊は、その役割により3つに分けることができる。

まずは戦闘員。これは、主にフィロスが隊長と兼任している役割だ。普段は指揮や裏方の役割をこなし、有事の際には最前線に立ち、部隊を守る。

次に諜報員。これは、かつて和希と望実が、今はピレティスとカトテラスが担っている役割だ。一般人を装って三門市の学校や会社に潜入し、玄界の文化や習慣などの情報を得る。

最後に事務員。ボーダーでいえば、エンジニアやオペレーターに当たる役割だ。技術や通信により、諜報員や戦闘員をサポートする。

「僕らがいた頃と変わらなければ、その3つの役割を持った人たちが、三門市のどこかに拠点を持って活動している。そして、夜の時間帯ならば、よほどのことが無い限り、全員が拠点にいるでしょう」

ならば、そこを叩けば良い。

和希の論理はシンプルだったが、非常に効果的な手段に思われた。

「ならば、その拠点はどうやって見つけるつもりだ?」

そう尋ねる林藤に、和希は自信を持って言い放つ。

「そのために、僕が囮になって彼らに捕まりましょう。そして、僕に発信機のようなものを付けておけば、それを追って拠点を探せばいい」

「囮に…!?」

「おい待てよ、和希!」

そこでストップをかけたのは、林藤の隣で静かに話を聞いていた迅だった。

「おれの視た未来だと、やつらはお前たちを殺す気で来る。捕まえるなんて甘いことはしない」

その反論を予想していたのか、和希は平然としており、続きを語り始める。

「えぇ。把握しています。僕達は国を裏切った者。死罪に値します。そんな僕らを、生かすつもりがあるとは考え難い」

「だったら…!」

「だから、伏線を張りましょう。僕達の価値をつりあげ、すぐには殺せなくするんです」


「まさかあの夜、私達がお前らを襲撃して、間一髪でボーダーが助けに入るところまで、計算ずくだったっていうのか!?」

「えぇ。クロヴィにとって、ボーダーの情報は喉から手が出るほど欲しいものでしょう。だから、ボーダー玉狛支部の皆さんに、助けに来てもらえるようお願いしたんです。僕達がボーダーと、繋がりがあると思わせるために」

迅のサイドエフェクトを使っても、「兄弟がそのうち何者かに襲われる」ということは視えても、「いつ」「どこで」「どのように」襲撃を受けるかまでは特定することができない。

そのため、兄弟に常に護衛をつけるのではなく、襲撃されたタイミングで兄弟が玉狛支部に連絡し、一定の時間攻撃に耐えきった後、助けに来てくれるように頼んだのだ。

「まさか貴方が黒トリガーを持っているとは想定していませんでしたから、遊真の助けがなければ危なかったですけれどね」

望実に手を貸してもらい、和希はゆっくり体を起こす。

「そこから先は簡単です。機を見て僕を攫わせて、発信機で拠点を見つければいい」

「だが、発信機も尾行も確認した!監視カメラの位置も!拠点の位置を知らせる仕掛けは、絶対に何もなかったはずだ!!」

声を荒げるフィロスに、和希の落ち着いた声が響く。

「それは、ボーダーの優れた技術の賜物です。スタアメーカーというオプショントリガーを用いれば、何も痕跡を残さずに追跡することができます」

「いや、それはお前の発想力がすごいんだって。そんな使い方、誰も思いつかないよ」

和希の発想を褒める迅に、小南が怪訝な顔をする。

「スタアメーカーって、弾が当たったところに印をつけるやつでしょ?和希のトリオン体に目印をつけても、生身になったら使えないわよ?」

「射手トリガーで、威力をゼロに調節した弾丸を、和希の生身に直接当てたんだよ。威力ゼロなら生身に当たっても問題ないし、トリオン体が破壊されても、反応はそのまま残る」

そう答えた迅に、小南は信じられないという顔をし、烏丸は感嘆して和希を見る。

「和希さん…、よくそんなこと思いつきましたね…」

「まぁ、頭だけが取り柄だからね」

小さく笑う和希に、その場の全員が驚嘆していた。

クロヴィの部隊に襲撃を受けるはるか前から、全てを予見していたその頭脳に。

ボーダーのトリガーを知って間もないにも関わらず、誰も思いつかなかった使い道で見事作戦を成功に導いた、その手腕に。

確かにこの人は、規格外だ。

敵に回せば手を付けられず、味方にすればこの上なく頼りになる。

これが、織本和希。


一呼吸置いてから、和希は望実に手を伸ばす。

「望実、僕のトリガーは持ってきてくれたかな」

その言葉にいち早く反応したのは、小南だった。

「あんた、まだ戦う気!?」

「えぇ。生身の体は動かなくても、換装してしまえば戦えます」

「兄さ…」

スペアのトリガーを渡そうとした望実の手を、木崎が止める。

「和希、望実。お前たちはもう十分戦った。あとはおれたちに任せろ」

それに同意するように、迅と小南が声を上げる。

「そうそう、あいつら3人なんて、おれたちだけで十分さ」

「そうよ!怪我人に戦わせるほど、あたしたち玉狛は弱くないから!」

驚き目を見開く和希と望実に、烏丸が優しく声をかける。

「望実、はやく和希さんを病院に連れて行け」

「烏丸…!うん、わかった!」

望実は和希を背負い、部屋から出る準備をする。

「あとは…、お願いします!」

「任せろ。お前たちが作ってくれた機会、無駄にはしないさ」

望実と和希が立ち去った後、迅、木崎、小南、烏丸と、フィロス、ピレティス、カトテラスとが対峙していた。

迅と木崎が通信で、敵の情報を共有する。

『相手は、銃手が2人と黒トリガーの攻撃手が1人だ。和希の情報によると、黒トリガーの性能は、剣が急所を狙って、伸びたり曲がったりするらしい。スコーピオンの強化型だと思えばいい』

『黒トリガーほどじゃないけど、銃手の腕もいいって話だ。片方がサポートタイプ、片方は自分で点を取りに行くタイプだそうだ』

『黒トリガーとはいっても、対処できないほどじゃなさそうっすね』

その情報に、小南は好戦的な笑みを浮かべる。

『あたしたちが負けるはずないわ!こっちには予知と、頼りになる作戦参謀がついてるんだから!』

『そうだな。じゃあやるか!』

迅の合図で小南が突進し、戦闘が始まった。

和希を背負い地上に出てきていた望実は、戦闘音に足を止めて振り返る。

「はじまったんだ、戦いが…」

不安そうに後ろを振り向く望実に、和希は優しく語り掛ける。

「望実、心配しなくてもいい。彼らが負けるなど、ありえない」

満身創痍ながら、強かに予言する和希の言葉に、望実は安心して再び歩みを進めた。


←13話  目次  15話→

コメント

タイトルとURLをコピーしました