漆黒の兄弟 12話 『織本和希②』

漆黒の兄弟12話 ワールドトリガー二次創作小説 漫画

←11話  目次  13話→

スポンサーリンク

12話 『織本和希②』

ボーダー本部での交渉が終わり、和希と望実は林藤と共に玉狛支部へ戻ってきていた。

「お疲れさん。和希、良いプレゼンだったぞ」

「林藤支部長のサポートあっての成果です。ありがとうございます」

3人は車から降り、玉狛支部の玄関へと向かう。

「おっ、帰ってきたな」

「迅さん!」

「みんなリビングで待ってるぞ。お前らのこと心配して」

兄弟がリビングに向かうと、レイジ、小南、烏丸、宇佐美、そして遊真がそろっていた。

「和希!あんた、城戸さんたちから何か言われなかった?大丈夫だった!?」

「ちゃんと円満に交渉できたよ、小南さん」

「望実、大丈夫だったか?」

「うーん、こわかった…」

「だろうな」

和希は小南に、望実は烏丸に労いと心配の言葉をかけられ、ずっと引き締められていた心の緊張が、少しやわらぐ。

そんな中で、和希はもう一度気を引き締め、最後のプレゼンテーションを始める。

「皆さん、改めて、集まってくださり感謝します。三門市内に潜伏している、クロヴィの部隊を一網打尽にするためには、僕達だけではどうしても不可能です。だから皆さんに助けていただきたくて、今日ここに集まっていただくようお願いしました」

深い感謝を示すような、恐縮するような和希の言葉に、レイジと小南が応える。

「三門市内に敵性近界民が潜伏しているのなら、その討伐はおれたちの責務だ。感謝こそすれ、感謝されることはない」

「さっさと話しなさいよ。やつらをぶっ潰す、プランがあるんでしょ?」

その言葉に、和希は鋭く笑みを浮かべた。

「それでは、僕の立てた作戦を、これから説明します。」


その日の夜6時頃、和希は玉狛支部から帰宅しようと、1人で道を歩いていた。

(誰かに後をつけられているな…)

自分の後をつける怪しい人影を確認し、家を知られるわけにはいかないと判断した和希は、警戒区域近くの人気のない場所で、追手を撒くために小さな路地に入り走りだした。

数瞬の後、それに気づいた何者かが走って追ってくる。

路地を何度か曲がると、その先に人影が見えた。

暗い中で誰かわかるほどまで近づき、和希は足を止める。

「フィロス隊長…!」

「やあ、和希。悪いけど、今度こそ仕留めさせてもらうよ」

目の前にはフィロス、後ろにはピレティス、建物の上にはカトテラスが立っていた。

(挟まれているし、3対1か。だが、生き延びるには、戦うしかない!)

「トリガー起動!」

必ず生きて帰ると決意を固めて、和希は敵を見据え剣を構えた。


一方望実は、玉狛支部の屋上で、不安そうに空を眺めていた。

「兄さん…」

そこに、マグカップに入ったホットミルクを持って、遊真が訪れる。

「望実。これ、こっちの飲み物で、ホットミルクっていうんだって。レイジさんが教えてくれた」

そんな遊真の言葉に、望実はクスリと笑った。

「知ってるよ。僕たちはもう、2年もこちらの世界にいるんだもの」

「それもそうか」

望実は遊真からマグカップを受け取り、ホットミルクを一口飲む。

「うん、おいしい」

「こっちは食べ物も飲み物も本当においしいよな。向こうの世界に比べて、すごく贅沢している気分だ」

「うん…」

望実は一息つくと、不安げに空を見上げた。

「和希さんのこと、心配なんだろ」

「…そうだね。兄さんの作戦が成功しなかったことなんてないし、迅さんも大丈夫って言ってたから、心配いらないってわかってる。でも…」

「本当に、無茶な作戦を考えるよな。和希さんはいつも、望実のことばかり優先して、自分のことなんて何も考えてないみたいだ」

しばらく、沈黙が流れる。

「向こうの戦争でさ、親父が、おれを庇って死んだんだ」

「…うん」

「おれが勝手に無茶して、勝手にやられたのに、親父は自分を犠牲にして助けてくれた。その時、なぜか笑ってたんだ」

「……」

「どうしてだろう。それが不思議で、わからないんだ」

望実は思案する。その姿は、まるで。

「和希さんは、あの時の親父と似ている気がするんだ。望実は、なんでかわかる?親父はどうして、笑っていたんだろう」

望実は、わかる。『エンパス』なんてサイドエフェクトが無くても。

その気持ちを何と言うのか、はっきりとわかる。

だって、それは兄がいつも。

自分に向けてくれる感情なのだから。

「遊真くん、それはきっとーー」


一方和希は、フィロスらを相手に戦っていた。

フィロスが前衛として和希と直接刃を交え、カトテラスが弾丸で和希の動きを制限し、ピレティスが背後や側面に回り込み、和希の急所を狙っていた。

その円滑な連携と、単純な地力の差に、和希のトリオン体には無数の傷ができていた。

「和希、私達3人相手によくやるじゃないか」

「だが、これで終わりだ」

完全に和希の背後を取ったピレティスの弾丸が、ついに和希のトリオン供給器官に命中する。

「くっ…!」

換装が解け、生身になった和希にカトテラスが正確に照準を定める。

「ぐっ、ああっ!」

カトテラスの弾丸のうち2発は和希の両足を貫き、その後右肩と左脇腹にかすめるように2発の弾丸が放たれた。

和希は激痛に声を上げ倒れ込む。が、和希の体が地面に叩きつけられる前に、フィロスがその体を受け止めた。

「和希、悪いね。本当なら一息に逝かせてあげたいところだが、お前がボーダーと関わりを持っていると分かった以上、そういうわけにもいかなくなってしまった」

負傷した和希は抵抗せず、力なくフィロスに体を預けている。

「お前たちが持っているボーダーに関する情報を全て引き出してから、殺せという命令が出た」

「…つまり、これから始まるのは、尋問。もとい拷問というわけか。だが、僕はボーダーを裏切るつもりはありません」

「さすが、理解がはやいね。だが、拠点に連れていく前に身体チェックだ」

「……!!」

和希が息を飲み、鼓動が少し速くなったのを感じて、フィロスはやはりと確信した。

「やっぱりか。頭の切れるお前のことだ。自分が捕まって、発信機で拠点の場所をボーダーに知らせるなんてこと、やりそうだからね」

フィロスとピレティスが和希の持ち物や体を探り、カトテラスが周辺を警戒する。

「襟元と袖口に、発信機らしきものを発見」

「持ち物の中にも何か仕込まれているかもしれない。どこかで処分して、拠点には持ち込まないようにしよう」

隅々までボディチェックを済ませ、怪しいものは全て取り払われる。

「くっ、やめ…!」

「和希、おとなしくしてな」

和希はなんとか抵抗しようとするが、フィロスに鳩尾を殴られてしまう。

「うぐ…」

鳩尾への一撃と大量の出血により、和希の意識が遠くなってきていた。

周囲に人影はなく、助けを呼ぼうにも誰もいない。

「のぞ、み…、ごめん…」

これから、絶望の夜が始まる。


←11話  目次  13話→

コメント

タイトルとURLをコピーしました