【頭痛が痛い】は間違い!よく似た重複表現を集めてみた【言葉遊び】

『頭痛が痛い』は間違い!よく似た重複表現を集めてみた 生活
『頭痛が痛い』は間違い!よく似た重複表現を集めてみた

「頭痛が痛い」は超有名な重複表現ですよね。

「頭痛」で既に頭が痛いことを表しているのに、さらに「痛い」を重ねるのは文法的に間違いとされています。

では「頭痛が痛い」によく似た重ね言葉は、どのようなものがあるのでしょうか?

今回は、「頭痛が痛い」によく似た重複表現を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

違和感を感じる

「違和感を感じる」は、日本人がつい言ってしまいがちな重複表現ではないでしょうか。

これについては、間違った表現ではないものの、特に書き言葉にすると違和感を感じますよね(苦笑)

「違和感がある」「違和感を持つ」と言い換えたほうが良いと思われます。

重責が重い

「重責が重い」は、仕事で重い責任がのしかかってきた時に、つい言ってしまいがちではないでしょうか。

これは完全に誤用なので、「重責を感じる」「責任が重い」などと言い換えましょう。

付加価値を付ける

「付加価値を付ける」は、商品やサービスのプロモーションでよく聞く言葉ですよね。

実はこれ、誤用ではありません。「付加価値」は独立した名刺なので、それを「付ける」と表現するのはおかしくないのです。

ただ、特に書き言葉にすると重ね言葉のように感じられるため、「付加価値をつける」とひらがなで表現するか、「価値を付与する」などと表現そのものを変えたほうが良いでしょう。

また再会する

「また再会する」も、言ってしまいがちですが間違った表現です。(状況によっては間違ってないことも…?)

「再会する」自体に「また会う」という意味が含まれているので、「またまた会う」という意味になって不自然なんですね。

ちなみに、「また」は漢字表記すると「再た」となります。ますます違和感ですね(苦笑)

ただ、「特定の期間に何度も再会している」といった状況ならば、「また再会する」という表現もアリかもしれませんね。

まだ未完成

「まだ未完成」も、書き言葉にしてみると不自然さを感じる表現です。

そもそも「まだ」を漢字表記すると「未だ」となりますので、「未だ未完成」はさすがに違和感がありますね。

こちらは単に「まだ」を取ってしまうか、「まだ完成していない」という表現に変えたら良いと思われます。

おわりに

「頭痛が痛い」に似た重複表現をいくつか紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

重ね言葉は必ずしも誤用ではありませんが、聞いていて違和感を持つ人も少なくありません。

そのため、オフィシャルな場面では極力重ね言葉は避けたほうが無難でしょう。

逆に友達とのカジュアルな場面では、あえて重ね言葉を使って笑いのタネにしても良いかもしれませんね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました