二次創作小説のおすすめ投稿サイトは?作品傾向や便利機能を徹底比較!

二次創作小説のおすすめ投稿サイトは?作品傾向や便利機能を徹底比較! 漫画

世の中にはたくさんの二次創作小説投稿サイトがありますよね。

私は二次創作が大好物で、毎日欠かさずイラストなり小説なりをのほほんと見ています。

投稿サイトの特色を知ることで、より自分の好みに合致した小説と出会うことができます。

今回は、二次創作小説に絞って、各サイトの特色を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ハーメルン

私が最もおすすめする二次創作小説投稿サイトは、ハーメルンです。

ハーメルンの魅力は、なんといっても多彩な機能です。

読者から作者へ誤字の箇所を伝えられる「誤字報告送信機能」や、読者が作品を10段階で「評価」する機能など、他にはない良質な機能があります。

その反面、作品数やメジャー度ではピクシブに負けているので、もしかしたら物足りないと思われるかも?

魅力的な小説がたくさんありますので、あなたの好みの小説を探してみてくださいね。

pixiv(ピクシブ)

日本で一番有名な二次創作投稿サイトといえば、ピクシブ一択ですよね。

ピクシブの魅力は、イラストやマンガも投稿できる多様性と、その豊富な作品数にあります。

連載が始まったばかりの原作であっても、1つは二次創作作品が投稿されていることがほとんどです。さすがオタクは素早いですね!

それだけ多くの人が熱量を持って作品を投稿しているので、質の良さもピカイチだと思われます。

その反面、ハーメルンと比べると腐向け作品がかなり多くなっているので、腐った作品が苦手な方には注意が必要かもしれません。

過激なものはR-18指定がされているので、苦手な方は避けて探してみてください。

占いツクール

占いツクールは、自作の占いや二次創作小説などを投稿できるサービスです。

占いツクールの魅力は、主人公の名前を置き換えて楽しめることです。

主人公を自分の名前に設定することができるため、ストーリーに入り込んで楽しめる夢小説のような作品が多いのが特徴です。

その反面、作品数が比較的少ないことと、質の高い作品があまり無いことが挙げられるかもしれません。後者については完全に私個人の感想ですが…。。

実際、何年もオタク活動をしてきた私でも、素晴らしいと思える作者様とはお三方しか出会えていません。

占いツクールは夢小説好きにはおすすめできますが、それ以外の人にならハーメルンやピクシブの方を進めたいです。

海外の二次創作文化って?

日本では上記の3つが代表的な二次創作投稿サービスですが、海外ではどのようにオタク活動が行われているのでしょうか。

アメリカでは二次創作の投稿は、YouTubeやFacebookなどのSNSで投稿するのが主流のようです。

ただ、ピクシブは海外展開していますし、似たサービスとして「DeviantArt」「ArtStation」「Patreon」「OnlyFans」などがあるそうです。

海外の方の作品は、キャラクター同士の関係性の捉え方や好みの展開などが、各国の特色が表れていておもしろいです。

ぜひ海外サイトでも二次創作を楽しんでみてくださいね。

おわりに

二次創作小説投稿サイトについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

それぞれのサイトにデザインやタグなど特色があるので、自分に合ったサイトを使ってみてくださいね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました