【専門統計調査士】暗記メモ

【専門統計調査士】暗記メモ 資格

今回は、専門統計調査士の暗記事項を、自分用メモとして書き留めたいと思います。

専門統計調査士の試験では、他の統計検定の試験には出ないような、高度な社会調査の知識が問われます。

何から覚えたらいいんだろう…となってしまっている方。以下の暗記メモは必要最低限のものですので、まずはそこから覚えてみたらいかがでしょう。

『入門・社会調査法』という本を参考にしております。

スポンサーリンク

暗記メモ

量的調査と質的調査

量的調査

多数のサンプルから定型的なデータを得て、定量的に把握する調査。

アンケート調査など。

質的調査

少数の限られた人々を対象にしており、数値的なデータが意味を持たない調査。

インタビュー、フィールドワーク、会話分析など。

他記式調査

個別面接法

調査員が指定された相手に面接し、調査票に基づいて質問をし、回答を記入する。

世論調査など。

電話法

調査員が電話を通して対象者に質問をし、回答を記入する。

短期間で調査を行える。

自記式調査

留置法

調査員が調査対象者宅へ訪問し、調査目的や内容を説明した後、調査対象者本人が回答を記入する。

郵送法

質問紙を回答者宅へ郵送し、回答を集める。

質問文

ダブルバーレル質問

回答者の価値判断が問われる要素が、1つの質問に複数存在すること。

例:)このインテリアは、綺麗で役に立つと思いますか。

キャリーオーバー効果

ある質問の回答に、それより前の質問内容が影響し、回答にゆがみが生じること。

標本抽出

単純無作為抽出

母集団から完全に無作為で標本を抽出する方法。

多段抽出

標本の抽出を複数の段階で行うこと。母集団を複数のクラスターに分け、選ばれたクラスターから無作為に標本を抽出する方法。

層化抽出

母集団をその特性に応じていくつかの層に分類し、各層からランダムに標本を抽出する方法。

系統抽出

母集団に通し番号をつけ、無作為に選んだ標本から等間隔で標本を抽出する方法。

集落抽出

母集団を複数のクラスターに分け、無作為に選んだクラスターから全ての標本を抽出する方法。

参考教材

今回参考にした教材は、『入門・社会調査法』という本です。

読みやすいし解説もわかりやすい、とても良い教材でした。

大学の図書館とかに置いてあると思うので、大学生の方々は、ぜひ図書館を利用しましょう!

おわりに

お疲れ様でした。いかがでしたでしょうか。

このメモがすべての試験範囲を網羅しているとは言い難いですが、勉強中や試験前に参考にしていただけたらと思います。

最後までご覧くださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました