4P(マーケティングミックス)とは何か?

4Pとは何か? ビジネス

マーケティング用語に、4Pという段階があるのはご存じでしょうか。

今回は、マーケティングの最終段階とされている、4Pについて初心者向けに解説していきたいと思います。

また、今回解説する4Pを含んだ、マーケティング全体の流れを解説してあるので、この記事を読む前に、こちらで全体をさらっておくのをおすすめします。

スポンサーリンク

4Pとは?

まず、言葉の定義から学んでいきましょう。

4Pとは、「製品(Product)」「価格(Price)」「プロモーション(Promotion)」「チャネル(Place)」を意味します。

この4つは「マーケティングミックス」と呼ばれており、4つのPを組み合わせることで、大きな効果を発揮できます。

製品開発(Product)

一口に「製品」といっても、考えることはとても多いです。

広義の「製品」は、中身である狭義の「製品」と、パッケージとに分類されます。

そこからも、「機能」「見た目」「魅力のわかりやすさ」など、多くの項目に枝分かれしていきます。

また、製品の品質には、「物理的品質」と「知覚品質」があります。

消費者は、広告や過去の使用経験、口コミなどにより、必ず先入観や偏見を持った状態で商品の品質を評価します。これが「知覚品質」です。

そして、前もって想定していた「知覚品質」と、実際に使ってみて感じる「物理的品質」とのギャップがあると、消費者は満足しません。そのギャップを埋めていくために、「知覚品質」をリサーチすることが必要なのです。

価格戦略

マーケティングにおいて、価格は3つの役割を果たします。

「利益の源泉」「消費者への影響力」「他社への影響力」の3つです。

消費者が妥当だと考える価格のことを、「参照価格」といい、価格が変化したときに、需要(=販売量)が変化する割合のことを、「価格弾力性」といいます。

この、「需要の価格弾力性」が非常に重視されており、多くの企業が調査を実施しています。

プロモーション戦略(Promotion)

消費者が購入に至るまでのステップは、一般に「認知」「商品理解」「ニーズ喚起」「記憶」「機会・きっかけ提供」の流れであるといわれています。

「継続的に健全な利益を上げ続ける」ためには、単に初回購入を促進するだけではなく、ロイヤルユーザー(リピーター)を増やすことを最終目的として、プロモーション戦略を立てることが必要です。

そのためには、上記のステップのどこで脱落している消費者が多いのか、調査して阻害要因を取り除く必要があります。

チャネル戦略(Place)

チャネルとは、商品が消費者と出会う場所を設定するために、「モノを流す仕組み」のことです。

スーパーがいいのか、コンビニがいいのか、それとも百貨店がいいのか。

商品をどこに置くかという点も、重要なマーケティング要素です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

マーケティングの基本については、マーケティングとは何か?という記事でも解説しておりますので、ぜひそちらと併せてご覧ください!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました