マーケティングって何だろう?

マーケティングって何だろう? ビジネス

皆さんは、「マーケティング」と聞くと、何を思い浮かべますか?

私は正直、マーケティング=広告というイメージしか持っていなかったのですが、マクロミルというマーケティング会社に入社して、マーケティングとはもっと奥深いものなのだと学ぶことになりました。

今回は、マーケティング初心者さんに向けて、マーケティングの基礎的な部分を解説していきますね。

スポンサーリンク

マーケティングの定義

マクロミルは、マーケティングのことを「健全な利益を上げ続けるために『売れ続ける仕組み』を作ること」であると定義しています。

広告のみに留まらず、研究開発、商品開発、生産、物流、営業、そして消費者に届くまでの一連の流れのことをマーケティングと定義しています。

また、ピーター・ドラッカーは、「マーケティングの究極の目標は、セリング(売り込み)を不要にすることである。」と述べています。

お客様のニーズに合った商品を、適切なターゲットに向けて発信していくこと、またそれらを含めて「売れる仕組み」を作り、一連のプロセスを管理することが、マーケティングの全体像なんですね。

マーケティングの流れ:R-STP-4Pプロセス

マーケティングの流れは、「市場機会の発見(環境分析)」、「標的市場の設定」、「マーケティングミックス(4P)の開発・提供」です。

「マーケティング=4P」と思われる方が多いそうなのですが、「誰を対象にするか」というターゲット設定が重要です。

市場機会の発見(環境分析)

リサーチなどを通して市場機会があるかどうか、新規参入すべきかどうかを判断します。

判断材料としては、市場規模、消費者のニーズ、競合状況、自社の強み・弱みなどがあります。

基本フレームは3C分析です。「顧客(Customer)」「自社(Company)」「競合(Competitor)」の3点から分析します。

そして、「顧客」の目から見て「競合」よりも優れた価値を「自社」が提供できれば、マーケティングが成功したことになります。

標的市場の設定(STP)

消費者に選ばれる商品を作りたい中で、「誰に、どのような価値を提供するか」を決めることが大切です。

そのために、「セグメンテーション(どんな人がいるか分類)」「ターゲティング(誰に売るかを決める)」「ポジショニング(どのようなものを売るか決める)」という流れで検討していきます。

マーケティングミックス(4P)

マーケティングミックスは、「製品(Product)」「価格(Price)」「プロモーション(Promotion)」「チャネル(Place)」です。

マーケティングミックス(4P)については、別記事で解説しているので、そちらをご覧ください!

おわりに

いかがでしたでしょうか。

私は実際にマーケティング携わってみて、想像していたよりも多くの段階があって、その段階ごとに考えることが多いのだと感じています。

大学の専攻選びや、就職先選びに迷っている方がいらっしゃれば、この記事をお役に立ててくださるとうれしいです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました