約束のネバーランド×リアル脱出ゲーム『人喰いの森からの脱出』をプレイしてきました!

約束のネバーランド×リアル脱出ゲーム 『人喰いの森からの脱出』 漫画

2021年9月5日に、リアル脱出ゲーム原宿店で、約束のネバーランド×リアル脱出ゲーム『人喰いの森からの脱出』をプレイしてきたので、感想を書いていきたいと思います。

私はリアル脱出ゲームへの参加は2回目だったのですが、残念ながら脱出成功とはいきませんでした。

このイベントのおすすめ度は、★★★☆☆です。

全体的な感想としては、ちょっと段取りが悪かったのと、スタッフの方のヘルプがうるさかったかな…といった印象。

スタッフの方のやる気があるのはいいんですけど、考え始めたそばからアドバイスやヒントをくれるの、ちょっとやめてほしかったな…と思います。

今回は中学生くらいの子とグループになったので、私のチームの進みが遅かったからかもしれませんが…。

とはいえ、全体的にはおもしろかったと思うので、約束のネバーランドが好きな方は、行ってみて損はないのではないでしょうか。

以下、詳しく感想を書いていきます。

スポンサーリンク

イベント概要

約束のネバーランド×リアル脱出ゲーム『人喰いの森からの脱出』では、とある高級農園から脱走した12歳の食用児になりきってプレイをします。(めっちゃ若返った気分。冷静に考えて、エマたち12歳ってヤバない!?)

鬼の集落で捕まってしまった私たちは、助けに来てくれたエマたちと連絡しながら、脱出の方法を探ります。

ストーリーにツッコミどころがたくさんwww

こちらのイベントは、ちょっとストーリーや設定にツッコミどころが多いイベントでした。

たとえば、檻から簡単に出て牢屋部屋を探索できたり、鬼の面をして背中さえ見せなければ、脱走中鬼に出会ってもバレなかったり。

脱走中うっかり鬼に背中を見せてしまったのですが、「こら!何をしているんだおまえたち!鬼の戻れ!」みたいな、軽いお説教で済んでしまいました(笑)

謎解きはだいぶムズイ…

このイベントは、かなり難しかったと思います。

1つめの謎→2つめの謎→脱出ルートを考えるといった流れで、最後の脱出ルートを考えるところまでは、誰でもたどり着くかなと思ったのですが、脱出ルートはちょっとロジックが荒かったり、伏線っぽい伏線が少なかったりしたので、だいぶ難易度高いなぁと思いました。

ちょっと難しすぎて、「そこ気づくの無理だろ!」みたいな謎があったのは、マイナスポイントです。

ただ、謎解きが苦手な方のために、ヒントカードが各グループに配布されていました。

「謎解きがどうしても進まなかったら、チームメイトの了承を得たうえで、ヒントを見てね」ということで、中を見ると、けっこう詳細にヒントが書かれていました。

実際には、原宿店のスタッフさんのヘルプが速かったため、ほとんど見ることがありませんでしたが、有用な仕組みだと思いました。

イントロ・エピローグはボリュームたっぷり!

こちらの脱出ゲームは、途中でチュートリアルが入ることがなかったので、そのぶんイントロとエピローグが盛りだくさんでした。

イントロでは、捕まってしまった鬼たちの会話や、助けに来てくれたエマたちの心強い声が。

エピローグでは、脱走されたことに気づいて、あわてて追いかける鬼たちの声や、そんな鬼たちと真摯に対話しようとするエマの声が、ガッツリ10分以上収録されていたのではないでしょうか。

鬼の集落に住む子供たちのために、人間を食べたい欲望を一生懸命我慢する親たちの会話や、エマが一途に「誰も死なせずに、そこから脱出してね!」と話していたのは、完全に泣かせにきてましたよね…。

原宿店のスタッフさんはやる気マンマン…

今回のイベントで、いちばん「ちょっとやだな…」と思ったのは、スタッフさんがうるさかったことです。

たぶん、私のチームが遅れていたから、たくさんヘルプに入ってくれたんだと思うんですけど、「これはどうすればいいだろうね?」みたいに、謎について話し始めたところで、「今どこやってます?」と聞いてきて、「ここです」と教えると、「そこはこうですよ」って、ヒントではなく答えを教えてくれちゃいました…。

謎解きゲームの楽しいところって、試行錯誤しながら解くところじゃないですか?そこを5回くらいつぶされてしまったので、ちょっと冷めてしまいました。

おわりに

約束のネバーランド×リアル脱出ゲーム『人喰いの森からの脱出』の感想を書いてきました。

感想というか、一部グチみたいな感じになってしまってすみません…。(気分を害してしまいましたかね…?)

こちらのイベントは、まだまだ各地で行われていますので、まだ参加されていない方は、ぜひぜひ行ってみてくださいね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました