『暗殺教室』おすすめ二次創作小説TOP3

『暗殺教室』おすすめ二次創作小説TOP3 漫画

『暗殺教室』といえば、そのタイトルとは裏腹にグロシーンや死人はほぼゼロな健全マンガで、松井優征先生の独特なギャグシーンとリアクション芸、殺せんせーと生徒たちとのエピソードから得られる人生の教訓などが魅力的な作品ですよね。

この作品を通した教訓をベースに人生を生きている若者もきっと多いはず。

そんな魅力的な『暗殺教室』ですが、二次創作小説もネット上で多く書かれています。

今回は、二次創作小説マニアの私が実際に読んでおもしろいと思った、おすすめ二次創作小説TOP3を紹介していきます。

どれもネット上で無料公開されているものなので、ぜひ気軽に読んでみてくださいね!

created by Rinker
¥10,164 (2022/09/28 04:50:24時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク

クラップスタナーは2度鳴る。

小説投稿サイトハーメルンで連載されている、パラプリュイさんの小説です。

自殺した渚は女子として第2の人生を歩み、前世で手に入れた暗殺技術や学力を武器に椚ヶ丘中学校で無双していきます。

なんとこの作品では、A組ボスの浅野学秀と渚がとても仲が良く、浅野学秀も初期から殺せんせーの暗殺にE組の仲間として挑戦します。

渚と浅野くんとの関係は原作とは違い、まるで仕事仲間のようでもあり、重大な秘密を共有する共犯関係でもあり、成績を競うライバルでもあり…と多様な側面があるのですが、最終的には甘酸っぱい恋にも発展していきます。

また、渚は1周目の人生でなぜ自殺したのか?E組の中にスパイがいるのか?渚の行動の狙いは何か?などといった、作中に散りばめられた謎も多く、ドキドキハラハラ飽きさせません。

ハラハラアクションが好きな方も、ドキドキのサスペンスがお好きな方も、色々な方におすすめできる超大作だと思いますので、ぜひ読んでみてくださいね!

※この作品は完結せず1年以上更新停止しています。

もしも潮田渚が殺人鬼に目醒めたら。

こちらもハーメルンで連載されている、うたたね。さんの小説です。

原作の渚が鷹岡先生との勝負の時に、もし殺人に快楽を覚えたら…という渚の闇堕ちストーリーです。

殺人の衝動・強い敵との殺し合いの衝動をもつ渚は、殺せんせーを暗殺しに来る殺し屋をターゲットにする殺人鬼になってしまいます。

殺し屋殺しの経験や、二代目死神との邂逅などの豊富な実戦経験を持つ渚は、最終的には触手にも負けないほどのチートになっていくのですが、肝心の殺せんせーの暗殺にはあまり気が乗らないようで…。

この作品の魅力は、殺人衝動&冷酷な闇落ち渚くんのキャラクターと、”暗殺者”と”殺人鬼”の違いを描く文章の華麗さでしょう。

原作の穏やかな渚くんはログアウトして、人を殺しても何とも思わないような冷徹さを持つ渚くんのギャップがたまらず、私は最後まで読み進めてしまいました。

この作品はひとつひとつのエピソードが割と短く、それでいて満足感もあるので、なかなか長い文章を読めない…といった現代っ子にも充分おすすめできる作品だと思います。

少しでも気になる方は、ぜひ覗いてみてくださいね!

※この作品は完結せず2年以上更新停止しています。

【完結】銃と私、あるいは触手と暗殺

こちらもハーメルンで完結済みのクリスさんの作品です。

暗殺教室に戦場帰りの悲惨な過去をもつオリジナル主人公が加入し、殺せんせーやクラスメイトとの交流を経て成長していく物語です。

この作品の魅力は、悲惨なトラウマを持つ主人公の心情の変化と、”殺し屋”でも”暗殺者”でもなく”兵士”としての新しい視点からみる暗殺教室です。

主人公は幼い頃から戦場で兵士として戦っており、そこでの経験が彼女を人間不信にしてしまっていました。

そんな主人公に、殺せんせーやクラスメイトの言葉が響いたり、彼らとの交流を通して変わっていったり。その姿に感情移入するしかなくて、ボロ泣き確定の小説です。

心の動きに涙して感動したい方には、非常におすすめな作品ですので、ぜひ読んでみてくださいね。

おわりに

『暗殺教室』二次創作小説おすすめTOP3を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

『暗殺教室』は意外と二次創作小説が少なくて全てハーメルンの小説紹介となってしまいましたが、ピクシブや占いツクールにももちろん小説がたくさんあります。

今回紹介した作品はどれもサスペンス系や泣ける系の話でしたが、他のジャンル(特にコミカルギャグ系の二次創作に飢えてます!)でも良い二次創作小説があれば、ぜひ紹介していただきたいです!

メッセージ・コメントなどお待ちしています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました