Googleアドセンスに合格するには?

Googleアドセンスに合格するには? ビジネス

2021年6月1日に、シルヒのブログがGoogleアドセンスの審査に合格しました。

4月下旬に初めて審査に出してから3回落ちて、改善を重ねてようやく合格できた体験談を、今回は隠さずに公開していきたいと思います。

スポンサーリンク

合格した要因

合格した時点での記事数は12で、ビジネス・資格系の記事を載せていました。

読者の悩みを解決する記事

何度か審査に落ちた後、色々なWebサイトを読んで、対処法を探しました。

どのサイトにも書いてあったのは、「記事の質を上げる」ということ。つまり、「自分が書きたいこと」ではなく、「読者が求めている情報」を書くようにとありました。

それを意識しはじめてから、劇的に記事の質が変わったと思っています。

タイトルだけを取っても、「○○試験に合格しました!」という報告形式だったのが、「○○試験に合格するための勉強法」などと、より読者の求めていることに近く、クリックされやすそうなタイトルに改善しました。

また、導入や締めの文で、「○○という方に向けて」というふうに、ターゲット層を意識した文面をちりばめました。

このように、ターゲットを意識することで、グーグルからの評価も上がりますし、何を書けば良いのかということがだんだんわかってきます。

やはり、読者ファーストという視点は、ブログをやっていくなかで欠かせないものなのだと感じます。

さすがグーグル。さすが、意識高いですね!

YMYLジャンルは未公開に

みなさんは、YMYL(your money your life)というジャンルをご存じでしょうか。

YMYLとは、お金や人生に関連するジャンルのことを指します。

Google検索品質評価ガイドラインで定義されているジャンルで、Googleがより信頼性の高いWebページを提供するために、「情報の正確さ」を重視していると言われています。

例えば、シルヒのブログ内ではtool+(ツールプラス)によるビジネスの記事が何本かあります。

でも、ネットビジネスの専門家でもない私が、お金儲けのことを語っても良いのだろうか…と不安になり、アドセンス審査中は未公開にしていました。

知り合いのブロガー様のなかには、ジムでの運動についての記事で、専門家ではない自分が「健康」について語っても良いのかと思われて、非公開にしたらアドセンス合格したという方もいらっしゃいます。

それほどまでに、YMYLは繊細な分野なのです。

なので、アドセンスの審査中はYMYLに該当する可能性のある記事は非公開にしておくことが無難かと思われます。

広告を外す

Googleアドセンスに合格するためには他の広告を外さなければならないというのは、どこのブログでも書いてありますよね。

でも、あるブログでは「アダルト要素などがないなら、他の広告を載せていてもOK」と書いてあったので、私は楽天などのアフィリエイトを外さずに審査に出してしまっていました。

しかし、広告ありの状態で3回目の審査で落ちてしまった後、記事の内容などは手を加えずに、広告を外して4回目の審査に臨んだら、なんと合格することができました。

広告を外すのが必須要素かと聞かれれば、もしかしたらそうではないかもしれません。

しかし、少しでもマイナスになる可能性があるならば、広告は全て外して審査に臨むのが無難ではないかと思います。

不合格体験記

ここからは、私が実際に不合格になったブログについて、その時どのような状態だったのかということを紹介していきたいと思います。

不合格1回目「雑記ブログ」

シルヒのブログを書き始めて、初めて審査に出した状態です。

当時は、とにかく文字数と記事数にこだわって投稿していました。

1000文字以上・毎日投稿を目標に記事を書いていた頃なのですが、内容がないよう状態だったため、当然のように落ちてしまいました…。

不合格2回目「漫画ブログ」

1回目の審査で落ちた原因が「ジャンルの雑多さ」であると考えた私は、ビジネス系の記事を全て未公開にして、二次創作やおすすめ漫画などの記事ばかりのブログに変更しました。

得意ジャンルである英語や韓国語の解説記事も加えて、これは独自性もあるぞ!と自信を持って審査に出したのですが、あえなく不合格…。

漫画の解説や二次創作は、もしかしたら著作権の侵害などに当たる可能性があるのかも?と思い、漫画ジャンルでのアドセンス審査は諦めました。

不合格3回目「ビジネス・資格ブログ」

漫画ブログを諦めた私は、ビジネス・資格ブログに切り替えました。

不合格1回目の「雑記ブログ」状態の頃の記事を、「読者の悩みを解決する記事」をテーマに、大幅に改善して臨みました。

この頃から、まともな文章を書けるようになったような気がします。

しかし、楽天などのアフィリエイト広告を貼りっぱなしだったためか、不合格。

このくらいの時からは、改善の余地がなくなってきてしまいまして、不合格通知が来てからすぐに再審査を申請して、うんうんとうなりながら広告を取って、後は放置していました。

そんな投げ出すムードだったのに、4度目の審査で合格してしまうのだから、アドセンス審査はわからないものですね。

おわりに

今回は、Googleアドセンスの審査に関する体験談を書いてきました。

合格してからは、まるで夢のようです。アドセンスに合格するまでは「i-mobile」を使っていたのですが、広告の質もクリック率も大幅にパワーアップすることができました。

審査は難しいですが、そのぶんリターンが大きいです。

苦しくても、アドセンスに合格するまで粘るが吉だと感じました。

この記事が、アドセンス合格を目指すブロガー様方の助けになりますように。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました